健康をさずける観音様
FC2ブログ

言葉で繁盛する

私が誰かに話しをする時に、
言葉を相手に伝えるという
気持ちだけで話しているのではない
のだよ。


自分が自分の口から言葉を
出すから、
一方的に相手に考えを
伝えるという気持ちでは無く、

自分も同じように自分の言葉を
聞いている。


この意識が大事なのだよ。


不思議なもので
自分が解決したいと
思っていること。
どうすれば一番良い方向にいくかと
考えていること。

そのことのヒントが

自分が喋っている言葉に
出ている場合があるのだな、
それを聞いて自分が

「ハット」する。

そうか、そういうことだったのか。

納得する。

未来のヒントであったり、
問題の解決策であったり、

自然は自分の口を使って
教えて下さることが
あるのだよ。


お稲荷さんを家に
お祭りして
大事にしている家の場合は、
その家の
女性の口を使って
商売のヒントを
しゃべる事が多いのだ。


話の内容をそのつもりで、
ちゃんと聞いていて、
それを生かせば
どんどん繁盛するようになる。


しかし、ただ
家内が言ったことだと
簡単に聞き流せば

それまでだけどな。

家内の言葉は、自然の声だと
気が付けば、色々な
ヒントを与えて下さる場合があるよ。




ブログランキングに戻ります。

観音様のご加護がありますように。

岡山県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



健康と言葉

山男は語ります。

生まれた時から、体に障害を持っている場合は
理由は他にあるのかもしれないが、
その原因は私にも
わからない。

今、わかるのは
生まれた時、体に異常はなくて
健康な体で生まれてきた人が、
生きていく途中で、体に
痛みが出るとか、

病気になるとか
健康な状態でない場合は
自然が、その人に
何かを教えているのだよ。

特にお前のような
受信機のような感覚を
持っている人間等は
自然からの、教えが来ていると
考えて間違いないだろうな。

私にしても
子供の頃から色々と、自然に
教えられたよ。

私の場合は、言葉というものの
重要性を
徹底して教え込まれた。

「それは、どういうことですか?」

まず、言葉は自分のものではない。
自然からお借りしているものだと
徹底して、叩き込まれた。

私は、冬になると
言葉が出なくなるのだ。

毎年だよ。

春から秋までは、普通に声も出て
言葉はしゃべることができる。

ところが、冬になると
いくら声を出そうと思っても
声が出なくなるのだ。

息を吐くだけで、声が出なくなる。

だから、しゃべることは
できない。

そして、医者に行って診察してもらっても
なんともない。
どこにも異常はない健康な
体だと言われる。

声の出ない原因はわからない。

だから、治療する方法もない。

そして次の春が来ると、
又、今まで通り
普通に声が出て、
普通に言葉をしゃべることが
できる。

子供のころから、そうだった。
成人するまで続いたかな・・・・。

その時に、言葉が出せない苦しさを
身に染みて味わった。
そして、声が出て
しゃべることができる
有難さが
わかったのだよ。

言葉は自分が好きなように
どうしゃべってもいいと
思えなくなったのだ。

人間以上の世界。
自然が、
声を貸してやるから
大事に使えよ。

そう教えられている気がするのだ。

だから、自分が口から出す言葉を
よく考えて
出すようになった。

何でも思ったことを
そのまま、口に出せばいいと
いう気持ちにはなれなくなった。

同じ言葉を出すなら
しっかりと根が有る言葉を
出さなければならないと
思っている。

関係者の人に教える
九本の気というものがあるな。

あれでも、1本の気を
自分が納得して
自分の腹に入って
これなら間違いない。

関係者に教えても
違っていない。

その覚悟ができるまで、
約1年かかっている。

思い付きで書いたような
言葉ではないのだよ。

だから、人に話すときでも
いい加減なことを
言ってはならないと
思って話している。

そして、自分が自分の言ったことを
良く聞くという意識が
大事だな。

自分の言葉の中に
この先をどうすれば一番良いのか
ヒントが入っている場合が多い。

人に話すときでも、必ず自分も
聞くという意識をもって話すようにしている。

すると
自分が言ったことに
自分がハット
する場合があるのだよ。




ブログランキングに戻ります。

観音様のご加護がありますように。

岡山県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

人より上位に物がある

物と人との関係を
山男は語りました。

生活する時に色々な物を使って
毎日当たり前のように
過ごしている。


そして、人間は上で
物は人間の下にあって
物を支配しているのは
人間だと
思っていないか?


これは、
自分が買った車だ。


これは
自分で買ったパソコンだ。


このカメラは
相当高かったが、
自分が買ったものだ。


こんな気持ちで物を持っていると
自分が上で、

物が下のような
気がしてくる。


良く考えてみなさい。

車という物が無くて生活はできるか?

東京や大阪ならともかく
赤磐の山の方で
車無しで
生活ができるか?


パソコンでもそうだ、
今の時代に
これを使わずに
電卓とワープロだけで
仕事をすることは、
どうだ?できるか?


人は、物の力を借りて生きている。

自分がその物を作り出すことは
出来ない。


言葉を発する事のない、物
だけど、黙って
人間の役に
立ってくれているのだよ。


その物に感謝しているかどうか。

物を支配しているような気持ちは
人間の思い上がりだな。


そういう気持ちは、
持たないほうがいいな。



ブログランキングに戻ります。

観音様のご加護がありますように。

岡山県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

物を粗末にすると、どうなるの?

物を粗末にすると
どうなりますか?

山男に質問してみました。

部屋の中に、使われることもなく
喜んでもらえることもなく

物が置いてあるとする。

誰も見向きもしない
物だな。

すると、人がそこの部屋に入ると
何かしらない、寂しい感じがするのだ。

理由は無い、
たださ寂しい感じになる。
そして心がわくわくするような
ことは、無くなる。

何か、心が
冷たくなるのだよ。

どうしてか、わからないが
そこの部屋にはいると
こういう気持ちがしてくるのだ。

反対に、物が大事にされて、
人に使われ、喜ばれているような
物が置いてある部屋に入ると、

心がほんのりと
暖かい気持ちになるのだな。
これも、理由は無い。

だだ、そういう気持ちがするのだ。

家を尊ぶと同じように
物も、人間が使ってやることが
必要なのだよ。

物は人に使われることが、喜びなのだな。

私なんか、湯のみ茶碗が
3つあるけど
均等になるように
今日はこれ、明日はあっちの、

というように、どれも
同じように使うことに
しているよ。



ブログランキングに戻ります。

観音様のご加護がありますように。

岡山県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

物の心

物に心がある

山男は語ります。


普通、心は人間にだけ存在すると
考えている。

私の考えは
違うのだと。語ります。

例えば、自分が使うもの
自動車なら
自動車を大事に、大事に
使っていると、

その車が、人を守るのだよ。

反対に自動車に何の感謝もせず
乱暴に扱い、粗末にしていると
事故ということにもなる。

以前、話したが夜の交差点を
右折する時に、
誰もいないと思って
ハンドルを右に切った。

小雨が降っている夜の交差点だった。

人どおりは少ない場所だから、
その日も人影は無いと思って
右折を始めた。

横断歩道を通過する
瞬間、右後ろに何かが見えて
急ブレーキだ。

ほんの数十センチで

停止した。黒い影は人間だった。

事故にはならなかった。

しかし、私は
心の中で
「しまった。やってしまった」

もう、人をはねたと瞬間
思った。

どうして急停車できたのか
考えても、よくわからなかった。

自分でブレーキを
かけたのだろうけど、不思議と
車が止まってくれたのだ。

私は、心臓が
ドキドキしながら
車に言ったよ。

「よく、止まってくれたな」
「よく、とまってくれた。

助かったよ」

思わず知らず、こう
車に話していた。

私は、毎月知り合いの整備士を
家に呼んで車の異常はどこにもないか
点検してもらっている。

これは、車を
買った時からずっと続けている。

もちろん、車も
大事にする。
10年以上あの車に
乗っているが
絶好調だ

車でも、大事にしていると
人の愛情に応えてくれるのだ。

これは、茶碗でも
箸でも同じだよ。

家と同じように物を大切にすることも
人間としては
考えないといけない。

こう私は関係者には
言っているよ。



ブログランキングに戻ります。

観音様のご加護がありますように。

岡山県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

家に心が存在する?


家にも心が存在するのです。

山男に出会うまでは
家に心があるなどとは
思っても見ませんでした。

しかし家に対して、何か強い
印象を持っていました。

山男の家を
訪問させてもらうと、どういうわけか
帰りたくなくなるのです。

山男は
非常に忙しい方でしたから
会話をする時間も
取れないくらい、訪問者があります。


他の部屋で順番を
待っている時でも
体が妙にリラックスできて
心が
休まるのです。

何時間か居て
帰らなくてはと
思うと、
ずーっとここに居たい
こんな気持ちになるのです。


過去に自分が親戚を
訪問したり
友達の家に
遊びに行っても
ずーっと居たいとは
思った事がないからです。



その後、山男から教えを受けて
家に心があり家の心が成長すると
人を守るように
なるという話を聞いて

それが、こういうことなのか
と感じたのです。

大山にある山男の所有している
神社を参拝して
社務所で山男と
会話をしていた時にも
同じような感覚を持ちました。

この感覚が自然の山とか、家に存在する
「心」というものかと
少し理解出来たのです。


ところが
当時ショックを受けたのは
自分の実家に帰ると、リラックスできない。

落ち着く感覚は全く無く、家の中では
居心地が非常に悪いのです。

親に言ったりはしませんでしたが、
実家の空間で過ごしていることに
圧迫感とか
居心地の悪さを
感じるのです。

山男に話すと
それは、家の心と
住んでいる人の
気持ちが食い違って
いるからだよ。

家の心に間が
そぐなうのが
当然のあり方だけど

人間にに、家の心は従え。

こんな気持ちで
暮らしていると
家の心が人を嫌われるよ。

人が家に嫌われると
家から追い出されるか
家が、他人の手に渡るよ。

こういう話をされたのです。




ブログランキングに戻ります。

観音様のご加護がありますように。

岡山県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

これが、本気だ

山男は語ります。


本気というのは
私は

「けじめ」

だと言っている。

竹を知っているな?

あの細い竹でありながら
大木が
折れるような
台風が来ても

折れることなく、竹が
台風をやり過ごすのを

見たことがあるだろう?

竹にある節(ふし)
あれも
一つのけじめだな。

あのふしがあるから
あの強さがあるのだよ。

もし、竹の中に節(ふし)
無かったら、
簡単に折れてしまうよ。

人間も節(ふし)が必要なのだ。
それが、
けじめだな。

何かを始める時も、
終わる時も、

けじめに始まって
けじめに終わる。

こういうやり方を
する人。

これを「本気」と言う。

だらだらと
いつ始まった会議なのかわからない
そして、いつ終わったのかも
分からない

こんな会議があったとして、人は本気になるの?

今日は入学式です。

そう言って

来た人から適当に始まって、いつの間にか
人がばらばらに解散してみなさい。

どうなの?

家の心は、人間が本気でなければ
相手にされない。

1年の中にも、
一日の中にも、

けじめをつけた
やり方を
することが大事だな。

そして、けじめは
3つある。


1、心のけじめ。

3、言葉のけじめ。

4、態度のけじめ。

心のけじめは気力を作る。

言葉のけじめは智力を作る。

態度のけじめは体力を作る。

このように関係者に
教えているよ。

まあ、おまえも
自分にあてはめて、

どういうけじめが自分に必要なのか
考えてみることだな。



ブログランキングに戻ります。

観音様のご加護がありますように。

岡山県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

健康も開運も家と関係がある。

昔から山男は

宝船は家である。

家は山と関連する。

家は住む人と関連する。

関連性について
山男は
何度も教えてくれたのです。

健康にしても、運が良くなるにしても
山と家は住む人と、深い関係があるのだと。

古代の人々は
山を自分の家のように
崇拝した。

山にも心があり、家にも
共通の心があるのです。

それは、「本気」という
心です。

暑かろうが、

寒かろうが、

風が吹こうが

雪が降ろうが

嵐が来ようが

山の木を見てみなさい
皆、本気に生きている。

どんな事があっても
本気で生きている姿だと。

人間は、どうかな?

この前も
私の所に相談に
来てもいいでしょうか?と、
電話があったよ。

女の人で、30代後半位の声だったかな。

その後に
約束の日は雨が降りそうなので
他の日に変更できますか?

どうでしょうか?と

又、電話してきたわ。

こんないい加減な気持ちの人に
こうしたら良くなりますよ。

と、私が、いくらアドバイスしても

実行する訳がない。

又、自然がこの人を相手をされない。

いくら、私が本人に代わって
お願いしてあげても
神々は聞いてはくださらない。

なぜなら
本気でない者は
相手になさらない。

雨が降る程度で、私の所に足を運ぶことさえ
出来ないような人なら

「ほっておけ」と


自然は言われる。

だから、何をするにも
「本気」という心で
やらないと、駄目だな。

仕事だろうと

遊びだろうと

やるからには

本気なのだ。

それでは、お前に質問だ

「本気である」ということは
どうすることだ?

どうすれば、本気だと
いえるかな?





ブログランキングに戻ります。

観音様のご加護がありますように。

岡山県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

健康も 七福神

七福神と家の場所を山男は
教えてくれました。
家は(宝船)で
船に乗るのが七福神(七天神)だと。


健康も家運繁栄も七天神を大切に尊ぶこと。

(七天神)の乗らない船には貧乏神ばかり
乗ってしまうよ。


七福神とは、大黒天(だいこくてん)、⇒風呂場

毘沙門天(びしゃもんてん)、⇒庭の北

恵比寿天(えびすてん)、⇒便所

寿老人(じゅろうじん)、⇒床の間

福禄寿(ふくろくじゅ)、⇒勝手口(台所の出口)

弁財天(べんざいてん)、⇒台所(お勝手)

布袋尊(ほていそん)⇒玄関


寿老人(じゅろうじん)、は床の間に
坐しておられると
山男は教えてくれたのですが、

しかし、自分が住んでいる所には
床の間は無いのです。

自分では、リビングの重要な位置を
床の間だと思って
そこに、寿老人(じゅろうじん)

がおられるものだと

思うことにしています。




ブログランキングに戻ります。

観音様のご加護がありますように。

岡山県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

「七天神」大黒天のお話

「七天神」大黒天のお話


風呂場は健康という効力だけではなく、

大黒天がおられる。

昔、山男が私に話してくれた言葉を録音させて
もらいました。

「音声で解説する」


風呂場は人間が真っ裸になって入る場所で
服を着たまま風呂に入る人はいない。

誰も真っ裸になって入浴する、

生まれたままの姿だな。

大黒天は人の信用を
作ってくださる特性をお持ちなのだよ。


人から好かれる信用される人間は、
やっぱり
綺麗な人でないと信用されない。

汚れた人間は嫌われる。


人間が社会で外に出て様々な人と
交わって生活すると、
様々な人の気持ち

他人の感情を体に受けるものなのだよ。


人間は感情動物だから
中には自分に対して

悪感情を向けてくる人もいる。


こういた人の悪感情は汚れなのだ。


自分の全身の汚れを綺麗に洗い清めてくれる場所は、

風呂場だな。

全身を綺麗に洗い清め、穴の奥の奥まで

綺麗にしてくれる場所が
風呂場だな、笑。


そして明日は綺麗に洗い清めた姿で社会に出ていく、
そうすることで

人の信用という特性を築かせて下さるのが
大黒天なのだよ。




「音声で解説する」をクリックすると
ダウンロードできます。




ブログランキングに戻ります。

観音様のご加護がありますように。

岡山県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

初日の出

いよいよ
2020年が今日からスタートしました。

初日の出を職場の人達と、健康、開運、それぞれの希望を持って
見に行たのです。

令和2年がスタートする 日の出でした。

山の上に少し雲がかかっていました。

雲の隙間から御来光が少しづつ
顔を見せ始めた時、

カメラやスマホを手にした
ほとんどの人達は、昇り始めた初日の出を
大事そうに撮影していました。


地球が誕生した頃に昇った太陽も
2020年の元旦に昇った太陽も
見ている太陽は同じなのです。

古代の人達も
この太陽を見ていたのかと
思うと不思議な感覚に
浸っていました。

令和2年が良い年になりますように・・・・
祈らずには、いられませんでした。

山男は、こう語りました。

日は山から昇り日は、山におさまる。

日は山から昇り日は、海におさまる。

日は海から昇り、日は山におさまる。

日は海から昇り、日は海におさまる。

山岳民族の人達も

海洋民族の人達も
それぞれが、その地域で自分達の健康・繁栄を願い、
日を尊んだのだと。



ブログランキングに戻ります。

観音様のご加護がありますように。

岡山県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

今年の最後に

この世で出会う、恩師

この世で出会う、感銘を受けた言葉

この世で出会う、感動した物や出来ごとには

「縁」という糸があるそうです。


星の数ほど有るブログの中で
この読みにくい文章を
ご覧いただいて、

今年の一年間
ありがとうございました。


来る令和2年が皆様にとりまして
健康で、幸多き年となりますよう

観世音菩薩、山男と供に
お祈り申し上げます。






ブログランキングに戻ります。

観音様のご加護がありますように。

岡山県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

玄関も大切ですが、

お勝手、とか、
玄関は
今でも、尊ぶ習慣を持っている
家庭もあるかもしれない。

しかし、
勝手口は盲点だな。



お勝手の出口、
すなわち勝手口は
七福神「七天神」の


福禄寿(ふくろくじゅ)様が
座しておられるのだ。



この神様は家の災難、事故を防ぐ神様なのだ。

だけども、勝手口を綺麗にするとか、
尊ぶという習慣を持った家は
少ないな。


平気で台所で出たゴミを置いていたりする。


現代社会では事故と言えば、交通事故だな。


家の勝手口を軽く考えて、いい加減なことをしていると
事故が増える場合もあるのだよ。



ほとんどの家は、玄関は大切にしても、
同じように勝手口を大切にすることは
少ない。


しかし、勝手口は安全をさずける
大事な場所なのだよ。



七福神の存在を意識して、
七福神の福禄寿(ふくろくじゅ)様に対して
感謝する。

勝手口を綺麗にさせてもらうことは
福禄寿(ふくろくじゅ)様に
家族が守ってもらえることに
なるのだよ。




ブログランキングに戻ります。

観音様のご加護がありますように。

岡山県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村

金運の神様

恵比寿天 これは金の神様だ。


金運をさずける神様は恵比寿天の特性なのだ。

家の場所では便所だ。

便所におられる。


だから、大阪の商人の人達、ま、東京でもそうだが
熱狂的な信者が多いな。

金運をさずける神様だからだ。


恵比寿市などと言って市が立つ。

恵比寿さんは儲けさせて下さるからだ。


昔は便所を黄金のツボと言って、
中に、たまる物を黄金と
呼んでいたんだ。


男やもめにゃウジがわき、
女後家には花が咲く。

こう言われたんだ。

なぜなら、女の人は
黄金のツボを持っているからだ。笑。

そして、黄金のツボから宝が生まれる。
これを子宝というな。

しかし、男にはツボは無い。
おとこやもめにゃウジがわく、
ツボは無いからな。

だけども、女後家には花が咲く。

女性は黄金のツボを持っている限り
捨て身になれば強いのだ。

男にはそれはない。

黄金のツボ、
便所も黄金が収まる場所だ。

だから世の中で成功した
人達の便所を見ればよくわかる。

どれほど便所を尊んでいるのかが。

金の神様、恵比寿天が味方をされているのだよ。


便所に対して、くさいとか汚いとか
言う人の事を考えてみなさい。


食べ物は人間の命を守るために、食べ物が働いて、働いて
最後に変わり果てた姿となって、人間の幸せを願って

黙って身を引いて
くれ収まる場所が、便所だよ。


そのもの達に対して、
くさいとかきたないとか言うのは
人間の気持ちが間違っているのでないかな。


あのもの達が、人間に感謝してもらわない限り、
お前の体から
は出て行かないぞ、と言い出したらどうなる?

何日も何日も便秘したらいったいどうなるの?




それが、誰に感謝の言葉をかけてもらうわけでもなく
感謝の気持ちを捧げてもらうわけでもなく、

黙って人間の幸せを願って
自ら身を引いてくれ、収まる場所が便所だよ。


恵比寿天は金運にも健康にも関係する。


そう思ったとき、食べ物の変わり果てた姿に
私達は、どんなに感謝し、
お礼を申し上げなければ
ならない場所は便所ではないか。


ブログランキングに戻ります。

観音様のご加護がありますように。

岡山県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村



クリックされましたら、
不思議な霊能者の生の声を聴くことが出来ます。
音声ファイルをダウンロードすると聞こえます。
無料です、5分間のファイルです。

健康に関連する、家の場所は?

山男の質問が
突然、飛んでくるのです。

あんたは、何の為に働いている?

まずは、食べる事でしょうか・・

それとお金が無いと生活できなく
なりますから・・・・
お金を稼ぐためでしょうか?

人は誰でも、食べる為に働くという。

あんたの
おじいちゃんでも、
おとうさんでも

食べる為に、働いてこられた。


家の中で食べる場所はどこだ?

台所、キッチンと呼んだりする。

昔は「お勝手」と呼んでいたのだ。

人は一生かけて家族の
お勝手を良くするために
働いているようなものだな。

家の中で大切な場所は「お勝手」なのだよ。
家族全員の健康にも深く関係する。

しかし、神様は床の間におられる。
という人がいるかもしれない。

床の間は


お勝手の神様の
陰が写っているのであって

神々はお勝手にいるのだよ。


家に住んでいる人達の笑い声、
楽しい会話、
神様はその雰囲気が好きなのだよ。


家族と一緒に楽しい時を過ごしたいのだよ。

その家の神々の静まる場所は「お勝手」なのだ。



だから、人は床の間以上に
「お勝手」を大切にしなくてはいけない。


お勝手を尊ぶなら

「妖気絶無だ」

台所に立つ時は、
冷たい気持ちで
台所に立ってはいけない。

感謝の気持ちと、家族の幸せを祈るような気持ちで
台所に立つなら家運繁栄する。


もし、不足、不満、愚痴、陰口等


妖気を持って台所に立った場合は
家族が不幸になってしまう。


涙を流しながら不満を心にため、
愚痴を言いながら作った料理を
家族が食べた場合は、

その人が、まわりの人々から
何となく嫌われる人になってしまうのだよ。

はっきりした理由は無いが、
何となくあの人は嫌い。
そう思われる人になってしまう。

体に入った妖気という気が外に漏れるのだ。


だから台所に立って食事を作るような場合は
神前の大切な
儀式をとりおこなっているような
綺麗な気持ち料理を作ることが大切だ。

これが家族が健康になり、家運が
繁栄するもとになる。


昔、女性は、かかあ大明神と呼ばれていた。

男は亭主関白。
男は関白の位にしかなれない。
しかし、女性は
かかあ大明神なのだよ。

大明神をおがむのが、関白だからな。

そのくらい、台所は
大切な場所なのだよ。





ブログランキングに戻ります。

観音様のご加護がありますように。

岡山県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

三休

Author:三休
この観音様に命を救って頂いた、だから私は生きている限り毎月のお参りはさせてもらう。
このような人が多いのです。健康をさずけて下さる観音様の紹介と遠くからこの観音様を発見した霊能者(山男)の話です。
(ブログ内容、写真の無断転載は禁止です)

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
占い
ココナラ占い
情報
情報推命学
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR